2010年06月24日

エロティシズム

どんな思いもどんな考えも、行き着くところ無限ループの一部を切り取ったに過ぎない。無意味なのだ。0にいくら0をかけても0。0にいくら0を足しても0。無意味を無意味で支えようとしても無意味であることには変わりない。
自分の思い自分の考えを自分の言葉で表そうとする。できあがった文を読み直して、どきりとする。どこかでだれかが書いた文の運び方や思い考えにそっくりだなと思う。重なったなという思い。火照りを覚える。
似たような経験をしたときは、0に0を並べて∞というのも悪くはないなと思う。

posted by はまべせいや at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 「K氏」をたどる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

山なし老人

どうやら道を間違えたらしい。これだけ歩けばそろそろ尾根に出て眼下にふもとが開けて見えるはずなのに。だらだら道の上り坂がまだ続いている。折からの雨。それだけならまだしも風が北側から吹き付けて、体温を奪う。どこか風だけでもしのげる場所があれば。重い足を引きずって日も暮れようというころ、薄暗がりに見つけた小屋に転がり込んだ。

目の前に佇んでいたのは一人の老人。「はてさて、こんなところに珍しい客人もあるものじゃ。」そう言ってぼくを迎え入れた。「せっかくじゃから、少し楽しませて進ぜよう。」老人はそう言うと一枚の白い紙を取り出した。「きみにとっては消えるということ。」そう言うと持っていた紙に息を吹きかけた。すると老人が持っていた紙が目の前で消えた。「じゃがわしにとっては裏表が入れ替わるということ。」そう言うと手のひらにふっと息を吹きかけた。すると老人の手にはいつの間にか黒い紙がつままれていた。「そんなことってあるじゃろうかね。」そう言った。

「まあ今のは震えながら足を引きずってここにたどり着いたきみには何の足しにもなりはせんな。」老人がそう言うと、今度はいつの間にか山なしの木が目の前に立っていた。老人は山なしの実を一つもぐとぼくに渡してこう言った。「きみにとっては一つ実がもがれて木が残るということ。じゃがわしにとってはその実をもぐことで木が全部なくなるということ。そんなことってあるじゃろうかね。」言い終わるか言い終わらないかのうちに山なしの木もろとも老人は消えた。

小屋の隙間から光がさして重い瞼をこじ開けた。いつの間に眠っていたようだ。するとおかしな老人との出来事は夢だったのか。そう思ったら胸にあてていた手から何かが転げた。山なしの実。考える余裕はなかった。のどの渇きと飢えと。ぼくは山なしの実にかじりついた。一かじりで渇きが癒え、もう一かじりで飢えがなくなり、もう一かじりで歩く力がみなぎってきた。山なしを平らげると、ぼくは小屋をでた。尾根に出る道を見つけるのはたやすかった。ふもとの村にたどりつくと何やら人が集まって忙しく動き回っていた。話によると、昨夜この村の長老が身罷ったということだった。そしてこんなことも聞いた。長老は最期に謎めいた言葉を残したという。「なくなるのはどちらじゃ。」

posted by はまべせいや at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

白と黒

どこから飛んできたか
羽虫が硯に舞い降りた
ぽちゃりと墨にはまり込み
羽はすっかり墨だらけ
飛んだ と思ったら半紙にぽとり
よろよろと這いずり回り 体勢を立て直して
飛んだ と思ったらまたぽとり
よろよろぽとり よろよろぽとり
羽虫よ 羽が乾いたか
ようやく外へ消えてった
真っ白な半紙に残った墨の跡
崩れた星型に続いて右へ左へ擦れた線
途切れたと思ったら
ちょっと離れて崩れた星型
擦れが次第に頼りなくなり
最後に半紙に吸い込まれていた
さて何を書こうとしていたのだろうか
あるいは描こうとしていたか
視線を吸い込んで
外には羽虫の消えていった闇が横たわる

posted by はまべせいや at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑問のウラガワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

撫でるとき

強くということは粗野であるということとはかけ離れている。やさしくということは弱腰であるということとはかけ離れている。そうした考えそうした行動に、ぼくが駆り立てられていると、それにはっきりと気が付いたならば、それはぼくが“ぼく”を置いて、ぼくのなかの“女”を意識しぼくのなかの“男”を意識したときだ。

posted by はまべせいや at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 「K氏」をたどる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

砂浜遊戯

かき集めた砂山のてっぺんに棒をさして、順番に砂をのけてゆく。
「棒を倒したら負けよ。どうしてもらおうかな。どうしようかな。」
同い年だと言うけど、ぼくより数段大人びたみよちゃんは、不思議な笑みを浮かべてそう言った。
棒を支える砂山が次第に頼りなく、小さくなって、何度目かのぼくの番。
みよちゃんが「ねえ」と言ってぼくの手を押さえた。
視線の先に、砂浜に残された波の跡。
いつの間にか、ふたりの山の近くまで波が迫っていた。
「崩しちゃだめ。」みよちゃんは手を押さえたままつぶやいた。
ふたりは寄せては返す波を横目に、砂の山を見つめた。
動けなかった、話もできなかった。
ざざあん、しゃぁぁ、ざざあん、しゃぁぁという音が、波だけは動いているのだとふたりにささやく。
やがて大きな波が寄せて、砂山が海に浮かんだ孤島のように波に囲まれた。
そして、ふたりの膝と手を洗って返していった。
砂山は無事だった。
次に大きな波が寄せたときは山の片側が半分崩れた。
棒が傾いて踏みとどまった。
息を忘れて思わず深呼吸をしたのが何度あったろう。
次の大きな波で山はすっかり波に沈んで、返す波に棒が流れていった。
「波が棒を倒したから、海の負けよ。」みよちゃんは、いたずらっぽい目をしてそう言うと砂浜を駆けていった。

ある夏の夕暮れ、浜辺で出会った女の子との記憶。
なぜか刻々崩れる砂山の姿だけはいつまでも刻銘に憶えていたが、「みよちゃん」のことを思い出したのはつい最近のこと。

posted by はまべせいや at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

ミライノキオク

憶えているのは だれ
みな去って行った 大地―なにを求めて
すこし ここいらで

ひとつぶの種 みつけた
風に崩れて形を変える
砂は受け止めてくれるのか
尽きるのが先か 確かめるのが先か
いや もう確かめた のだった
花びら ほころんで

ほんの 太陽が収縮するまで
みなからはぐれた 大地―どちらから
刻み込む 呼吸

posted by はまべせいや at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑問のウラガワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

関係の実務

あの人はああいう人なのだから、一度は怒鳴られずして事に当たらざるを得ない。この人はこういう人なのだから、手の平をこするよう擦り寄って事に当たらざるを得ない。その人はそういう人なのだから、穏やかに話し合って事に当たれる。こんな具合に、他人との付き合いのなかで知らず知らずのうちに人を類型化している。その類型化している視点をいざ自分に向けてみると、そんなに単純じゃないぞと。そのように言いたくなるのは心情だろう。自分が類型化している他人もそんなに単純ではないということも分かっている。でも単純なことで類型化して人と接することは、実務的であるということは確かだ。

posted by はまべせいや at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 「K氏」をたどる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

花火の後に

村の広場のはずれ。見世物小屋も夜店も途切れて、ここらで引き返そうかと思ったら呼び止める声。「おや、これはこれは。どうですか。楽しい迷路ですよ。今日始めてのお客さんだから、特別にお金は要りません。」そういうとおじさんが無理やりぼくの手に半分ちぎった券を握らせて小屋に押し込んだ。
前を見ても後ろを見ても、右を見ても左を見ても。ぼく、ぼく、ぼく・・・。ぼくは無数の“ぼく”に囲まれている。やみ雲に進もうとすると、冷たいぼくが目の前に寄って壁になる。これは一体どういうこと。左の手の平で額の辺りを押さえて、しゃがみこむ。そのまま床に尻餅をつくかと思ったら、右の二の腕が何やら冷たいものにぺたりとくっついて踏みとどまった。反射的に振り向いて見るとぼくの顔。しばらく考えて、ようやく合点がいった。そうか、あたり一面鏡に囲まれた部屋に入れられたのだ、と。
ゆっくりと立ち上がって指先で鏡の面をたどってゆく。すると、すっと指先が空を切った。どうやらそこは鏡がないらしい。なるほど少し落ち着いた目で見るとそこにいる“ぼく”は、次の鏡の小部屋に映っているぼくだった。次の小部屋もあたり一面鏡に囲まれていたが、一箇所だけ次の小部屋に通り抜けられるようになっていた。そうか確か「楽しい迷路」と言っていた。ぼくの頭の中に蜂の巣が思い浮かんだ。鏡が壁になっている蜂の巣状になっていて、小部屋の一面だけが次の小部屋に通り抜けられるようになっているんだ。
状況が分かって気分が落ち着いた。後は一つ一つの小部屋を通り抜けていけば、そのうち“蜂の巣”の外に出られるだろう。指先で鏡の壁をたどりながら、その指先が空を切ったところで次の部屋に通り抜けていった。四つ、五つ、六つの小部屋を通り抜け。もう十や二十くらいの小部屋を通り抜けたろうか。まだまだ。一体いくつの小部屋を通り抜ければ出られるのか。さっきから村の広場のはずれからはずれまでを歩くくらいはとっくに進んでいるはずなのに。
不安になるにつれて歩くのが速くなり。そして指先で壁をたどるのももどかしく。ぼくはやみ雲にあっちへ進み、こっちへ進み。次の部屋に進めることもあれば、でもそれは幸運で、(もしかしたら戻ってる)。大抵は“ぼく”にぶつかり後ずさり。前を見ても後ろを見ても、右を見ても左を見ても。ぼく、ぼく、ぼく・・・。頭のなかも、ぼく、ぼく、ぼく・・・。重い、重い、押しつぶされそう。とうとうぼくは、へたれ込んで気を失った。
ドーン、バチバチバチ。祭りの最後を飾る花火の音が聞こえた。ドーン、バチバチバチ。今度の花火はしっかりと大輪を咲かせるところを見た。夜風がほてったぼくのほおを撫でている。一体なぜ広場からこんなにはずれたさびしいところで寝転んでいるのか。とっさに思い出せなかった。今年の祭りはみんなとはぐれてから、なんとなく終わっちゃったな。そんなことを思いながら家路に着いた。
次の日の朝、昨夜穿いて脱ぎっぱなしだったズボンのポケットに小銭入れを入れたままっだたのを思い出して、ポケットに手を突っ込んだ。ポケットから出てきたのは小銭入れと小さな紙片。その紙片には「ようこそ宇宙へ」と書かれ、そして嫌な感じの老人の顔が描かれていた。ただ描かれているのではなく、小さな老人の顔に陰影がつけられて、それが集まって大きな老人の顔になっていた。小さな老人の顔はさらに細かい老人の顔様のドットからなっているようだった。ぼくはその紙片が直感的に忌まわしいもののように思えて破り捨てた。
その後思春期になり、ぼくは文庫本の「ファウスト」を手にした。その表紙の口絵に何やら老人が。あっ、思わず文庫本を落としそうになった。翌朝見た半券に描かれた老人の顔。子供のころの祭の夜のことの一切を思い出した。とりわけ鮮明に思い出したのは、花火が散った後に輝く星屑が妙に近くに見えて、そして妙な浮遊感を感じていたことだった。

posted by はまべせいや at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

あちらの岸辺に咲く花は

膝小僧がかくりかくり
目の玉がくるりくるり
遥か彼方黒々と、ま・も・の
光すらも吸い込むかのように
膝を突き肘を突いて、やっとのことで覗き込む
ぼくの視線も吸い込んで
そっと、そおっと確かに
確かに距離を詰める
近づくにつれて
それは透き通っていたのだと、今さらながらに
(いや、それを知っていた)
(深みとはそういうことか)
今や淵は満たされて、待ちわびたとき
あちらの岸辺に咲く花は、どんな顔どんな香り
櫂が、ま・も・のを散らし
舟が、ま・も・のを滑る
舟の縁から覗き込んではいけません
ただ一心に櫂を漕ぐ

posted by はまべせいや at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑問のウラガワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

豊穣の森

ふたつの森を行き来してそぞろ歩き。ただ息遣いを感じること。ただ空気をおいしいと感じること。なにかを捨てたから感じられるのか。ただ感じるだけだから捨てられるのか。どちらが先か、にわとりたまご。ただそうして出来たひとつの森を彷徨うときは―足の裏の神経のひとつひとつが研ぎ澄まされる―心の襞を撫でる豊穣のときであるということだけは確かなようだ。

posted by はまべせいや at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 「K氏」をたどる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。