2005年10月08日

レクイエム/モーツァルト

Mレクイエム.jpg


レクイエムニ短調K626

1.入祭誦
2.キリエ
3.怒りの日
4.奇しきラッパの音
5.御稜威の大王
6.思い出したまえ
7.呪われしものどもを罰し
8.ラクリモサ(涙の日)
9.主イエズス
10.賛美のいけにえ
11.サンクトゥス(聖なるかな)
12.ベネディクトゥス(祝せられたまえ)
13.アニュス・デイ(神の子羊)
14.永遠の光

エリー・アメリング(ソプラノ)
バーバラ・シェーラー(アルト)
ルイ・テヴォー(テノール)
ロジェ・ソワイエ(バス)
リスボン・グルベンキアン管弦楽団・合唱団
指揮:ミシェル・コルボ
posted by はまべせいや at 18:08| Comment(0) | TrackBack(2) | 好きなモノ覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7880225

この記事へのトラックバック


Excerpt: レクイエムレクイエム(Requiem、レクィエムとも書く)は、ラテン語で「安息を」という意味の語であり、以下の意味で使われる。(概論を参照のこと).wikilis{font-size:10px;col..
Weblog: クラッシックの世界
Tracked: 2007-09-30 01:08


Excerpt: レクイエムレクイエム(Requiem、レクィエムとも書く)は、ラテン語で「安息を」という意味の語であり、以下の意味で使われる。(概論を参照のこと).wikilis{font-size:10px;col..
Weblog: クラッシックの世界
Tracked: 2007-10-06 18:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。