2007年09月25日

共感の窓

posted by はまべせいや at 04:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
せいやさん、こんにちは。

好きなのは後ろ姿
感じるのはその人の持つ雰囲気
(共感というと このいい加減な感覚でみているような気がします)
そして私は人をどこでみる?
行動かなぁと思いました
この人はこんな時、こんな風なんだナァ
と、感動したりがっかりしたり

何処かの犬のお父さんの
「目を見ればわかぁ〜るぅ〜〜」
というのもありますが^、^
まだまだ修行が足らないようで
邪心のある私には
目で人を判断するのは難しいようです
ついでに言葉でも。

せいやさんはどうですか?^^
Posted by 旅のpiyoko at 2007年09月28日 11:04
流れ流れの三度傘
峠を越えて川渡り
旅のpiyokoは今いずこ
気ままな旅とは言うけれど
日差しが照れば暑かろう
氷雨が降れば寒かろう
愚痴の一つも言いたかろうが
健気じゃねーかこの便り
旅のpiyokoにお天とさまよ
どうかご加護をお与えて下せい

というわけで旅のpiyokoさんお久しぶりです。

後姿で人が分かればすごいことだけど、
私はむしろ逆に背中で語れたらすごいなと思います。
でもそれには私の背中語(何のことじゃ)が
分かる人がいないとダメですね。

目で人が分かるというのもすごいですね。
ポーカーやブラックジャックをやったら向かうところ敵無し!?
賭け事専門のギャンブラーで放浪の旅が出来るかも知れませんね。
それにしても”何処かの犬のお父さん”のCMシリーズ、
あの設定が単に奇をてらったという感じだけじゃないと言うところが
面白いですね。

さて、短い本題。
人の持つ全体的な雰囲気、
態度とか表情とか話し方とかを総合して
この人とは共感できるなとか共感できないなとか
思うのだけれど。
でも共感できるかどうかという決め手になるのは、
私の場合その人が「どういう問いを発しているか?」
そういうことです。
似たような問いを発するとは、
おそらくそれほど違った感性ではないように思えます。
Posted by せいや at 2007年09月28日 17:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57081542

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。