2011年07月13日

満腹ということも 空腹ということも
おそらくはどういうことなのか 分からない
大きく見開いた
澄んだ瞳はしずかに物語る
祈るような気持ちで擦る
母親の手のひらの温かさだけを糧として
清水は枯れることなく
その湖水を潤してきたというのか
深淵を確かめたくて のぞきこんだ

孤児に群がる一匹の蟲が
申し訳なさそうに傷口にもぐりこんだ
posted by はまべせいや at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 青の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。