2010年09月14日

黒の法話

学生の時の夏休み。ぼくの友達の遠い親戚に寺の住職だという人がいた。かなりの高齢で境内に繁茂した雑草を刈るのに難儀していたということだった。そこでぼくの友達に草刈りを手伝ってくれと白羽の矢が立ったらしいのだが、あいにく友達はすでに夏休み中のアルバイトが決まっていて行けなくて、ぼくになんとかならないかということで話が回ってきた。「なにちょっと草刈りして、煮炊きを手伝って、あとは文庫本でも持ちながらその辺の山の中を散策してればいいさ。おまえ最近仏教の本なんか読んで興味があるんだろう。法話みたいなものを聞かせてくれるよう頼んでやるよ。」という話だった。どうせぐうたらと何もせずに無為に過ごすよりは、体を動かして法話でも聞ければましかもしれないなと思ってその話に乗ることにした。
“法話”以外の寺での時間は友達の話の通りだった。適当に寺の仕事の手伝いをして、後は山の中を散策して。きままな時間が多かった。“法話”は4時から6時までの2時間、その寺にいた毎朝行われた。
“法話”の一日目。開口一番住職はこう言った。「きみは仏教に興味を持っていて法話を聞きたいということで承っています。でも私は法話はできません。その代わりにきみにこれから毎朝“体験”をしていただきます。」そういうことだった。「ここに仏像があります。この仏像を手本にして、きみに仏像を彫っていただきます。」そう言うと住職は直径10センチほどの丸太と大ぶりなノミを差し出した。そして手本だという仏像を指差した。こちらは直径30センチはありそうな丸太をナタか何かでガンガンガンと切り出したような仏像が立っていた。さてそれが本当に円空の作かどうか分からないが、今なら円空の作に似た仏像だと一言で言える像だった。それきり住職はその仏像の方に向いて座禅を組み瞑想にふける風合いだった。
“法話”の二日目。「さて像は彫れましたかな。なるほど。ふむふむ。」。こちらを彫ればあちらが彫りすぎだったというように、慣れぬ手つきで彫った仏像は失敗を矯正するために直径3センチくらいになっていて、しかも不格好で未完成。なんとか顔に目鼻があり、肩がここだと分かるような代物だった。住職は像の出来には何も触れずにこう言った「それではこの像をこの桶の染料につけて、まんべんなく表面に行き渡らせたら桶から出してください。乾いたようならまた桶につけて。それを繰り返してください。」それきりまた住職は“円空作”の仏像の方に向いて座禅を組み瞑想にふける風合いになった。
“法話”の三日目。「なるほど。藍色に染まりましたね。ふむふむ。それではこの像をこの朱で塗ってください。乾いては塗り乾いては塗り。一面を朱にするのです。」それきりまた住職は瞑想にふける風合いになった。
“法話”の四日目。「なるほど。一面朱色ですね。これは墨をにかわで溶いたものです。それではこの像を一面墨で塗ってください。」それきりまた住職は瞑想にふける風合いになった。
“法話”の五日目。「なるほど。墨で塗りつぶされて真黒です。」そういうと住職は自分と僕との間にその像を置いた。「どうか楽な格好で。この像をじっと見つめるのです。」それきり住職は僕の作った像を見つめて座禅を組み瞑想にふける風合いになった。夏のことで、外はもう明るくなっていた。しかし庫裡のなかには日差しが届かず明かりもなかった。ほの暗い庫裡に置かれた僕の像。ときにその薄暗がりに吸い込まれ、ときにその薄暗がりに抗しているようにも見えた。「黒。の語るもの・・・。なに。」そんなことが心に浮かんできた瞬間、「かぁつ。その像を後ろに投げよ。きみがこの山門をくぐったときに持っていたものだけをまとめて帰るがよい。手伝い御苦労。楽しい体験じゃったぞい。」住職は叫んだ。それきり住職は唖然として荷物をまとめる僕を背に再び瞑想にふける風合いになった。

posted by はまべせいや at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。