2010年04月24日

浮沈

“在る”という事実を考える。”在る“という事実に求める。どちらのアプローチをとるか。それは”かなしみ“へのアプローチの分水嶺だ。

posted by はまべせいや at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 「K氏」をたどる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。