2010年04月12日

かごのとり

すすり泣くような声とも、苦悩にうめくような声とも、いや憔悴したため息のようだとも。
塔の下で耳を澄ますと聞こえるという。その塔の下である晩旅の男が数匹のねずみを放った。あくる朝城主を訪ねて、「夜毎に聞こえるという塔からの奇妙な声、それをしずめることです。そうしなければ不幸に見舞われるでしょう。」こう奏上した。城主はその日の昼食をとりながらその男の刑の執行を見届けた。塔からあふれ出て押し寄せるねずみの群れに飲み込まれていったのは、それから程なくしてのことだった。

posted by はまべせいや at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑問のウラガワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。