2011年07月18日

岸辺まで

それはいかなるメカニズムによるものか

また拾っちまった 拾っちまったんだ
そこは適当なゆりかごと見えて
ころげては 食い込んで
ゆられては 突き刺して そいつは
居座っちまった 居座っちまったんだ

足裏にへばりつくサンダルのゆりかごの小石が
自然に飛んで行ってくれぬものかと
そんなことを思いつつ それでも
あえて立ち止まってということは とうに忘れて
岸辺に向けて のたりのたり



posted by はまべせいや at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 青の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。