2010年08月02日

ほっこりの心理

大人同士の会話で存在を忘れていて、「あれっ、そういえば子どもはどうしてたっけ。」と思って探すと、部屋の隅の方で一人でおとなしく遊んでいる。近づくとぷうんと臭いが。おむつを開けると案の定ほっこりと。結構よくある話だ。部屋の隅で隠れるようにしていつの間にかウンチをしている。これはどういうメカニズムによることか。心理メカニズムによるところが大きいと思えるのだが。心理メカニズムによるとしたらその心理は生のままの心と言えるのだろうか。そもそも生のままの心とはどういうことか。心理とはなかなかつかみどころのないものだ。

posted by はまべせいや at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。