2010年05月29日

鏡の中に

ぼくの鏡には“ある女”が棲んでいる。ぼくの顔を横切ったり、二重写しになったり。たまにしゃしゃり出ることもあるが、大抵は気配を感じさせるだけである。ぼくに醸すものがあるとしたならば、その周辺にあるのかもしれない。

posted by はまべせいや at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 「K氏」をたどる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。