2010年04月03日

逆説の構造

果たして自然のなかに意味は見つけられるか。そもそも意味とはどういうことか。そのあたりの捉え方考え方が、“逆説の構造”をどう理解するかの分岐点なのではないか。

posted by はまべせいや at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 「K氏」をたどる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。