2010年03月13日

評価が欲しいとき

評価されれば素直に嬉しい。しかし、そこには大きな危険をはらんでいる。評価を渇望するときはどういうときか。よく点検する必要がある。

posted by はまべせいや at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 「K氏」をたどる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。