2010年01月09日

やさしい男

ほめるところがなかなか見つからない男に対して、大抵の女は「やさしい」と言うようだ。だがそういう場合に「やさしい」と言われる男の心根には、本当の“やさしさ”とは対極をなすものがあるということは、言っている当の女が見抜いているように思う。彼には母親の目の色だけしか眼中になく、他のことに気を回せないというような、親の愛を信じることのできない幼児のような心根がある。

posted by はまべせいや at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 「K氏」をたどる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。