2010年01月04日

ランナー

うつむき しおれて ちからなく

今しも鼓動が口から飛び出さんばかりに激しく
脚は伸びないばかりか引き摺り加減
気力だけで腕を腰の位置で振る
握り締めているものを、いっそ捨ててしまおうか

かがやき みつめて りんとして

ただ一つのもの、確信しか目の前にない
ますます伸びる脚を大地が後押しをする
腕はごく自然に体勢を保たせ、確信を橋渡しする
ぼくは蒸気機関車、疲れを知らない

ささやき はげまし あたたかく

それは喜び、それは勇気、身体を廻る力
伸びる脚がその先の大地を掴まえて身体を引っ張る
腕は握り締めたものを顔に近づける
思いを最後まで運び届ける

突然駆け寄った少女
小さな花束を手渡した
花束を握り締めてのゴール
ぼくの一着

posted by はまべせいや at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑問のウラガワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。