2009年12月12日

濡れずに渡る

大海を船で渡るということは悧巧なことだ。だがそれに慣れきった人の相当部分は、“取り戻す”ことを忘れた人たちだ。薄っぺらい。少しの風で舞い上がりそうだ。

posted by はまべせいや at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 「K氏」をたどる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。